京都医塾 現役生科 コラム

現役合格をつかんだ、医学部受験に強い塾の選び方!

現役合格をつかんだ、医学部受験に強い塾の選び方!

息子2人京都府立医科大学医学部現役合格。
「ぺたほめ」で自信とやる気と人生を楽しめる子どもで日本中いっぱいにしたい!藤田敦子です。

今日は、現役合格をつかんだ、医学部受験に強い塾の決定方法をお話します。
洛星中学校・高等学校に通っていたら、塾は必要ないのではないの?そう思われる方も多いかもしれません。
私も長男が中学合格した時点ではそう思っていました。

でも、現実を知ったのは長男が中学3年の1月。成績が劇落ちして塾に通ったときのことです。
すでに同じ中学の同級生の多くが、塾に通っておられました。
「え?みんな塾行ってるんや」
結構ビックリしました。
灘でも東大寺学園でも、どんな偏差値の高い学校でもほとんどの方が塾にいっています。

長男は成績が悪くなった中学3年生から塾に通いしたので、医学部現役合格ギリギリセーフでした。あと少し塾へ行くのが遅かったらダメだったと思います(笑)

そんな長男を見ていたせいか、次男は自分から中学2年生の夏休みに「塾行きたい」と言いだして、通うことになりました。高校3年の受験期の私の精神状態が兄弟で相当違いました(笑)

長男のとき、国公立医学部に現役合格者は、同じ高校でも13人しかいなかったので塾に通う時期と子どもに合った塾を選ぶことは相当重要だと思います。

だったら、中高一貫校に通う意味は?

それは大いにあるんです。
基本の授業は、やはり公立とは比べ物にならないほど高度ですし、何より

高校受験がないから青春を謳歌できる。
受験で大変だった高校3年生のときでも「学校が楽しいから休みたくない」
って毎日楽しそうに通っていました。

息子たちが通っていた高校は、高校3年生になると学校でもみんなが勉強しだすので、昼休みもお弁当を食べたら全員で大教室で勉強をしていました。
そのように先生方が誘導してくださるのでありがたかったです。

中学高校の経験は一生の宝となります。そして一生の友達もできます。
体育祭、学園祭そのほか行事も大掛かりで、素晴らしい経験が中学1年生からできます。

進学校はすべての人が大学進学、それも難関大学を目指すので塾は必須です。

人生を学ぶ学校と大学に受かるための塾。
って感じです。

噂によると、大手の塾は人数も多いので、授業が終わったらすぐに質問の列ができるそうです。多くは活発な女の子が多いとか。そして、それができる子しか伸びないって。

うちの息子に合っているのは、自分が理解できないところを先生がわかってくださるような、少人数制の塾だって思いました。
そして少人数制の医学部受験に強い塾に絞りました。

あるお母さんが
「浪人したら予備校の入学金が無料になるから」って、とある塾に行かせておられました。

私は
「入学金が無料になるからといって、その塾選ぶのって子どもが現役合格できることを信用してないやん!」
思いました。やはりその方は浪人されました。

子どもの性格に合った塾選びが現役合格には必須です。

私がどのように選んだかというと
いくつかの医学部塾のホームページの合格者の声を見ました。
洛星の先輩がその塾から何人、京都府立医科大学に合格しているかを見ました。

志望大学に、子どもが通っている高校から、どれだけ合格しているかを見ることが大事です。

次男けんご、通っていた京都医塾のセミナーで特別講師としてお話します。最後に質問コーナーも設けますのでぜひいらしてくださいね。

執筆者

藤田敦子

ぺたほめ医専アカデミー代表。日本心理学会認定心理士・日本心理学会正会員。

左:藤田凱斗さん(長男)、中央:藤田敦子さん、右: 藤田賢冴さん(次男 )
京都府立医科大学に現役合格した後、現在は医師として活躍中

藤田敦子オフィシャルブログ

2/17(土) セミナー開催【現役医師が話す】”中高一貫校生活を楽しみながら”京大・東大・難関大学に現役合格する近道!

藤田敦子さんの次男、藤田賢冴さんをお招きし、現役合格の秘訣や医師の仕事内容について講演していただくプログラムを開催します。
現役医師からリアルな話が聞けるチャンスです。医学部志望の方はもちろん、難関大に現役合格したいお子さま・保護者さまはぜひご参加ください。

特別講師:藤田賢冴

医師
京都府立医科大学 医学部現役合格
洛星中学・高等学校59期生

京都医塾 卒業生の藤田賢冴医師を講師としてお呼びします。中学高校とサッカー部に所属し、体育祭の応援団長も務めながら、現役で医学部に合格。学生生活を楽しみながら現役合格できた秘訣を教えます!医師の仕事内容や、医学生の大学生活についてもお話します。

特別講師:藤田 敦子

藤田 敦子さんを特別講師としてお招きします。受験のこと、子育てのこと何でもご相談ください。

セミナーの詳細・お申し込みはこちらから